農業について考えたこと

今ほど「食の安全」ということについて関心が高まっている時期はないくらいなのではないかと思います。
「この野菜は安全なのか」そう考えてから買うものを決めたりしますよね。
人が生きていくためには「食べ物を食べなければならない」ですから「食べ物の問題」というのは「人が生きていく基本に関わる」大事な問題なんですよね。
そんな時代に「農業」は大きな意味を持っている職業なのではないかと思います。
食べ物を作るという職業なのですから。
誰だって「食べて安全な野菜、食品を食べたい」そう思っているものなのではないでしょうか。
「農業」はその、「人が生きていくためには欠かせない食糧を作る」という、大切な仕事だと思います。
苦労も多いかもしれないと思いますが、やりがいもある仕事なのではないかと、思います。
食べて安心な食べ物を作る、ということは、生きていく上で、すべてのことの基本になるようなことなのではないだろうか、と思いました。